農水省 輸出戦略実行委員会 青果物部会 出席

弊会は、平成28年度輸出戦略実行委員会(第3回青果物部会 農水省 平成29年2月9日開催)において、全国ブドウ産地協議会を代表して、委員として出席いたしました。

日本産青果の香港での過度な低価格競争が、他の仕向地へ広がりかねない危険性を報告し、対策の方向性を提言いたしました。

マレーシア 試験販売

12月2より4日、マレーシア クアラルンプール国際空港に隣接する三井アウトレットパーク内「Fan Japan Shop」店頭にて、マーケット調査を実施いたしました。

出品品目
山形産シャインマスカット、豊橋産次郎柿、青森産リンゴ(サンふじ、王林、陸奥、金星、世界一)などの試食提供と試験販売、およびアンケート調査しました。

青森弘前 リンゴ産地視察

11月9、10日の両日、東京青果様、仲卸河久様のご仲介により、青森県弘前市近郊の生産者および市場など訪問しました。産地の状況、東南アジア方面への輸出に関してご意見をいただきました。

カンボジア セミナー開催

11月3日、カンボジア首都プノンペン ラッフルズホテルに於いて、在カンボジア日本大使館、およびカンボジア農林水産省、観光省、商業省ほか財界関係者を招聘し、シャインマスカットをはじめとする日本産果実のセミナー昼食会を、関係団体と共催にて実施いたしました。
開催にあたりましては、公益財団法人中央果実協会、農林水産省、甲州市役所、フルート山梨農業協同組合、JICAはじめ多くの方々にご尽力いただきました。
開催にあたり、セミナーの司会進行役を当協会代表が務めました。

マレーシア伊勢丹KLCC店 日本食品フェア

2016年10月14日(金)〜27(木) 首都クアラルンプールの伊勢丹KLCC店にて、日本産果実の催事販売をさせていただきました。
シャインマスカットのほか、ナガノパープル、秋映リンゴ、輝太郎柿、南水ナシなど現地消費者の方々にたいへん好評でした。

協会概要

名  称:一般社団法人 日本青果物輸出協会
Japan Association of Fruit and Vegetables Export
主事務所:東京都千代田区九段北一丁目4番地1号
電話番号:03−6260−8709
問合わせ:info@jpfruits.info
代表理事:本田 純
東京商工会議所会員(貿易部会 千代田支部)
日本ブドウ産地協議会 アドバイザー

当法人は、日本の青果物の海外への普及・販売に関する活動を行い、もって日本の農業振興に寄与することを目的とし、次の事業を行う。
1.青果物及びそれらの国際流通に関する情報収集、調査、分析と提供
2.青果物の生産支援及びそれらの加工・流通・販売と輸出入
3.青果物に関する販売促進、イベント、キャンペーン等の企画・運営
4.青果物を生産する専用圃場の研究と整備
5.関係省庁及び物流、流通、生産者等との連絡、協議、情報交換
6.前各号に付帯する又は関連する事業

当会は、主に青果物の海外マーケット調査及び販路開拓を目的として設立されました。 2014年より1道、1府、8県の自治体、JAなど26団体から構成される「全国ブドウ産地協議会」の海外活動をサポート。 現在、全国の生産者や卸市場とも連携し、主にマレーシア、タイ、台湾、カナダでの商流づくり、販売促進に活動に取り組んでいます。

アクセス